不登校新聞

474号 2018/1/15

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

2018年01月15日 14:34 by kito-shin


「ギークハウス岡山」管理人 藤田圭一郎さん

 パソコンやインターネットを得意とする人が集まって暮らすシェアハウス「ギークハウス」をご存じだろうか。岡山県在住の不登校経験者、PN加山さん(18歳)は、そんなギークハウスに注目し、取材を行なった。

“ゆるい場所”をさがして

 親に頼らず、ひとりで生きていくために仲間と協力する。「シェアハウス」という選択肢を、私は新しい“生き方”の一つとして注目している。

 私は来年の春、親元を離れて自立しようと思っている。しかし、それを「実際に実行できるか」と親に聞かれたら、黙るしかなかった。

 一人暮らしはお金がかかるし、家事や対人面での不安もある。「まだ自分には無理だ」と思うしかなかった。

 そんななか、ネットで「ギークハウス」と呼ばれるシェアハウスが話題になっていることを知った。「シェアハウスは家賃こそ安いが、対人面に不安のある私など論外だろう」と思っていた矢先のことだった。

 ギークハウスでは生活がかなり「ゆるい」ということで話題になっており、「それだったら自分も入れるかもしれない」と思って、数カ月かけて情報を調べ、管理人とコンタクトを取り、そして実際にお邪魔させていただいた。

何をしてもいいし、しなくてもいい

 「ギークハウス」とは、ネットやパソコンを得意とする「ギーク」と呼ばれる人たちで構成されているシェアハウスのこと。プログラマーやエンジニアなど、コンピュータに関わる仕事をしている人やコンピュータに興味を持つ人が大半の入居者となっている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

私が苦しんだ「自意識」から解放されるまで【18歳の不登校当事者手記】

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...