不登校新聞

474号 2018/1/15

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

2018年01月15日 14:36 by kito-shin



 社員6人中、5人がひきこもり経験者――そんな会社が立ち上がりました。2017年12月1日に設立記念記者会見を開いた株式会社「ウチらめっちゃ細かいんで(以下・めちゃコマ)」は、日本初の「ひきこもり経験者主体」の会社です。

 まず驚くのはそのユニークな社名。これは同社社長の佐藤啓さんが、ひきこもり経験者の「きめ細やかさ」におどろき、新しい会社の「売り」にしたいと思ったことが由来です。佐藤さんは「めちゃコマ」の母体となったIT会社「フロンティアリンク」で教育事業「ひきこもりサポートコース」を担当していました。そこで、働ける環境と教育プログラムさえ整えば、ひきこもり経験者が会社にとって大きな戦力なると感じていたのです。

 「めちゃコマ」のおもな事業は、ひきこもり経験者などに教育プログラムを提供する教育事業。そして育てた人材で行なう制作事業と人材紹介事業です。

 しかしこうした会社が誕生すると「ひきこもりは働きたくないからひきこもりなのではないか」と思われるかもしれません。たしかに「働ける状況にないひきこもり」の人もいますが「働ける環境があれば働きたい」と思っているひきこもりの人も少なくありません。

 「めちゃコマ」制作事業部リーダーの岡田マサトさん(30代)もその一人でした。岡田さんは8年前、就職活動中にひきこもりが始まりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...