不登校新聞

475号 2018/2/1

ひといき

2018年01月29日 12:48 by kito-shin




 気が急いていると、意識と身体がミスマッチを起こす。ご飯を食べているときに口の中を噛む(そして、腫れたところをまた噛んでしまう)、手元がくるう、身体をどこぞにぶつける、などなど。先日は、昼飯に焼きそばを作って食べようとしたら、皿ごと落としてしまって、破片まみれの焼きそばを片づけながら、「悲しくてやりきれない」と、この部屋の片隅でひとりごちていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

公的機関における支援 不登校の歴史vol.476

476号 2018/2/15

不登校の人へ春がそこまで来ていることを伝えたい

476号 2018/2/15

今年5月で「不登校新聞」が20周年を迎えるということは【編集後記】

476号 2018/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...