不登校新聞

475号 2018/2/1

冬きたりなば春遠からじ

2018年01月29日 17:03 by kito-shin



 冬きたりなば春遠からじ。英国の詩人シェリーの詩の名訳とされるが誰の訳詩かはわからないそうだ。暦のうえではもう節分、立春。春は近いのに、国際関係は複雑な分断、差別、武力衝突・戦争の空気が露わに満ちて、まさに冬の時代。

 冬の時代へ備えのつもりか、わが国の政治の中枢では、戦争放棄の平和主義を定めた憲法9条などを変えて戦争に参加できる国へと進路変更の作業が始められ、ICANのノーベル平和賞受賞にも冷淡だ。戦争には学校教育の変質も必然だが、今年も新学期を前に中学生が相次いで自殺が起きるなど、すでに学校もまた子どもの心が凍える場所なのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...