不登校新聞

475号 2018/2/1

冬きたりなば春遠からじ

2018年01月29日 17:03 by kito-shin



 冬きたりなば春遠からじ。英国の詩人シェリーの詩の名訳とされるが誰の訳詩かはわからないそうだ。暦のうえではもう節分、立春。春は近いのに、国際関係は複雑な分断、差別、武力衝突・戦争の空気が露わに満ちて、まさに冬の時代。

 冬の時代へ備えのつもりか、わが国の政治の中枢では、戦争放棄の平和主義を定めた憲法9条などを変えて戦争に参加できる国へと進路変更の作業が始められ、ICANのノーベル平和賞受賞にも冷淡だ。戦争には学校教育の変質も必然だが、今年も新学期を前に中学生が相次いで自殺が起きるなど、すでに学校もまた子どもの心が凍える場所なのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

492号 2018/10/15

ひといき

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...