不登校新聞

475号 2018/2/1

一度、社会に出てからの無職は地味にこたえる、そんなときに聞いてたあの曲

2018年02月26日 14:39 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.9

 いちど社会に出てからの無職は、地味にこたえる。もう10年以上前のことだが、大学を卒業後、サラリーマンになった。6時に起きてスーツを着て、満員電車に乗って出勤する毎日だった。仕事がきつく、1年半で辞めた。「辞めたい、辞めたい」と思っていたが、いざ辞めてみると、自分の「何もなさ」にただ茫然とした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

492号 2018/10/15

ひといき

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...