不登校新聞

475号 2018/2/1

一度、社会に出てからの無職は地味にこたえる、そんなときに聞いてたあの曲

2018年02月26日 14:39 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.9

 いちど社会に出てからの無職は、地味にこたえる。もう10年以上前のことだが、大学を卒業後、サラリーマンになった。6時に起きてスーツを着て、満員電車に乗って出勤する毎日だった。仕事がきつく、1年半で辞めた。「辞めたい、辞めたい」と思っていたが、いざ辞めてみると、自分の「何もなさ」にただ茫然とした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...