不登校新聞

475号 2018/2/1

不登校だったから「学校」をつくりたい

2018年01月29日 15:40 by kito-shin

 

 今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳の女性。現在は通信制高校に通っている。彼女の夢は「学校をつくること」だという。なぜ「学校づくり」が夢なのか、お話をうかがった。

――夢は「学校をつくること」なんだそうですね。

 正確に言えば「公教育全体の環境整備をしたい」というのが私の夢です。というのも、出会ってきた先生たちのなかには「どう学校へ行かせるか」ばかりを考えていて「不登校した人の気持ちを見れてないのでは」と感じることもありました。

 背景には先生たちの勤務状況や公教育全体が閉ざされているといった話も聞いています。でも、もっと学校という場はよくなるし、よりよいかたちを考えられるのではないかと思っています。

――夢を持つきっかけはなんだったのでしょうか?

 別室登校と修学旅行がきっかけです。

 中学校の別室の先生たちがすごくいい方々だったんです。つねに「本人の気持ちを聞く」というスタンスがあり、別室では私の気持ちをベースにして、時間割りや選択肢を用意してくれました。結果、私の自己肯定感も上がり、教室へ通うようにもなりました。

 そんなときに沖縄への修学旅行があったんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...