不登校新聞

475号 2018/2/1

「こだわり」の強いひきこもりにどう接すればいいのか ひきこもり相談員が解説

2018年01月29日 16:26 by kito-shin
2018年01月29日 16:26 by kito-shin



連載「決まり文句の研究」vol.4

「ひきこもりの人はこだわりが強い、だからひきこもりの状態が長期化しやすい」とも、よく言われます。

 一般に「こだわり」とは「自分のなかでのこだわり」のことだと考えられています。たとえば「学校でいじめられた」「進路を親に決められた」「就職活動で失敗した」などの記憶にとらわれ、人によってはそのことをご家族にくり返し訴えます。

 しかし私は「こだわり」にはもう1種類あると考えています。それは「世間の常識へのこだわり」です。

 たとえば「おとなは働くのが当たり前」「働かざる者、食うべからず」などといった「世間の常識」にこだわっている、ということです。

 私は、「自分のなかでのこだわり」を『荷物』に、常識へのこだわりを『よろい』にたとえて、次のように説明しています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

484号 2018/6/15

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

483号 2018/6/1

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

482号 2018/5/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…