不登校新聞

303号(2010.12.1)

声「感慨深い"いのち号"」

2013年09月02日 14:44 by kito-shin


 本紙が300号を迎えたとのこと、おめでとうございます! 頻繁に関わるようになったのは最近ですが感慨深いものがあります。

 300号記念には、私の初企画&初取材責任者を務めた西原理恵子さんのインタビュー取材が大々的に載っています。前号のインタビューは安斎肇さん。近く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦さんや声優・高山みなみさんも登場します。石井編集長は先日の会議で言いました。「うちはこんな大それた新聞じゃない!」と(笑)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校になるまで追い詰められた3つの理由

548号 2021/2/15

「もう行きません」15歳の少女が学校と決別した理由

547号 2021/2/1

「不登校だったように見えない」と言われるのが私はイヤだった

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...