不登校新聞

476号 2018/2/15

「尾崎豊が生きた歳までは生きよう」どん底だった私が支えられたもの【不登校当事者手記】

2018年02月26日 14:42 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.10

 私がどん底のときに支えられたものは、ロックです。毎日死にたくてしかたなかった高校1年のときに、尾崎豊の曲に出逢い、危うさと激しさ、ときおり垣間見える優しさに魅せられ、私は「彼がこの世を去った26歳までは生きてみよう」と決心しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

高校中退で“人生詰んだ”高認という選択肢で僕は救われた

508号 2019/6/15

「母に包丁を向けた日もあった」不登校だった私が平穏を取り戻すまで

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...