不登校新聞

476号 2018/2/15

「尾崎豊が生きた歳までは生きよう」どん底だった私が支えられたもの【不登校当事者手記】

2018年02月26日 14:42 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.10

 私がどん底のときに支えられたものは、ロックです。毎日死にたくてしかたなかった高校1年のときに、尾崎豊の曲に出逢い、危うさと激しさ、ときおり垣間見える優しさに魅せられ、私は「彼がこの世を去った26歳までは生きてみよう」と決心しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校のすべてが敵に思えた」中学3年生が語る今の本音とは

519号 2019/12/1

「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機

518号 2019/11/15

あの凄惨な事件から40年、私にとっての戸塚ヨットスクール

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...