不登校新聞

476号 2018/2/15

「尾崎豊が生きた歳までは生きよう」どん底だった私が支えられたもの【不登校当事者手記】

2018年02月26日 14:42 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.10

 私がどん底のときに支えられたものは、ロックです。毎日死にたくてしかたなかった高校1年のときに、尾崎豊の曲に出逢い、危うさと激しさ、ときおり垣間見える優しさに魅せられ、私は「彼がこの世を去った26歳までは生きてみよう」と決心しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の私の味方は自由で静かな「夜」でした【不登校当事者手記】

482号 2018/5/15

不登校から6年間、私が本当に望んでいたこと【不登校経験者手記】

482号 2018/5/15

家族全員不登校、学校へ行かずに育つのも常識になればいい【特別企画・親子ともに不登校~息子編】

481号 2018/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...