不登校新聞

476号 2018/2/15

「学校のプリントお届け」つらかった?うれしかった?不登校当事者の本音は

2018年02月13日 16:41 by motegiryoga



 不登校中、クラスメートがプリントを届けに来ることについて、ほかの不登校経験者はどう感じていたのだろうか。

 PNりゃこさんは小学1年から不登校。クラスメートがプリントを届けに来るときは、どんな顔して会えばいいかわからなかったと言う。元気な顔をして玄関に出ると「休んでるのになんで元気そうなんだ」と思われる。また、体調が悪いわけではなかったから、つらそうな顔をするのもヘン。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校で数カ月外に出られず 転機はカメラとの出会い

578号 2022/5/15

6年間関わり続けた私にとっての不登校・ひきこもり当事者会

578号 2022/5/15

不登校の僕が漫画家になるまで。おうちで実践した3つの方法

577号 2022/5/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...