不登校新聞

476号 2018/2/15

「学校のプリントお届け」つらかった?うれしかった?不登校当事者の本音は

2018年02月13日 16:41 by motegiryoga



 不登校中、クラスメートがプリントを届けに来ることについて、ほかの不登校経験者はどう感じていたのだろうか。

 PNりゃこさんは小学1年から不登校。クラスメートがプリントを届けに来るときは、どんな顔して会えばいいかわからなかったと言う。元気な顔をして玄関に出ると「休んでるのになんで元気そうなんだ」と思われる。また、体調が悪いわけではなかったから、つらそうな顔をするのもヘン。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校のすべてが敵に思えた」中学3年生が語る今の本音とは

519号 2019/12/1

「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機

518号 2019/11/15

あの凄惨な事件から40年、私にとっての戸塚ヨットスクール

518号 2019/11/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...