不登校新聞

476号 2018/2/15

「学校のプリントお届け」つらかった?うれしかった?不登校当事者の本音は

2018年02月13日 16:41 by motegiryoga



 不登校中、クラスメートがプリントを届けに来ることについて、ほかの不登校経験者はどう感じていたのだろうか。

 PNりゃこさんは小学1年から不登校。クラスメートがプリントを届けに来るときは、どんな顔して会えばいいかわからなかったと言う。元気な顔をして玄関に出ると「休んでるのになんで元気そうなんだ」と思われる。また、体調が悪いわけではなかったから、つらそうな顔をするのもヘン。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の恋愛事情 非モテがつらくて発狂しそう

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 アドバイス編 今から大事なことを言うぞ。「ギャルゲーは裏切らない」

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 怨嗟編 「恋愛第一」の社会、ぶっちゃけウザいんですけど

488号 2018/8/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...