不登校新聞

303号(2010.12.1)

不登校の歴史 第303回

2013年09月02日 15:05 by kito-shin


◎熱意で支え、運営厳しく


 本欄では、現在フリースクールへのアンケート調査をまとめた「フリースクール白書」(03年)を紹介している。

 白書によると、子どもたちの日常のすごし方は、料理、ものづくり、教科学習、スポーツ、マンガ、イラストなど34項目にもわたりじつに多彩だ。

 こうしたプログラムへの参加・不参加が選択できるかを聞いたところ、「選択できる」と答えたフリースクールが73・3%。出席自体も「その子の自主的判断を尊重」と答えたのが76・7%。子どもの意志が反映されているのが特徴と言える。つぎに子どもへの「評価」はどうなっているのだろうか。通知票などの評価は「行なっていない」と答えた団体が7割。「評価を行なっている」と答えた2割強の団体も「自己評価による」「詩や文章でのコメント」など、数字ではない評価をしていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...