不登校新聞

476号 2018/2/15

親亡き後を考えて、ひきこもりのわが子に残せるものとは【相談員の答え】

2018年02月13日 17:06 by kito-shin

連載「決まり文句の研究」vol.5

 今年に入ってから「40歳以上のひきこもり」を対象にした初の実態調査を行なうことを内閣府が発表しました。近年、ひきこもり状態の長期高年齢化は問題視されています。

 そのようなお子さんは親御さんも高齢です。親としてもお子さんの行く末を心配されていることでしょう。「親の私が亡くなったら、どうなるんだろう」という言葉は、親の会などでもよく聞かれます。

 その言葉に込められた思いを私なりに翻訳させていただくなら「親が生きているあいだに結果を出してほしい」ということになります。「結果を出す」というのは無味乾燥な表現ですが、就職はもちろん、そこまで行かなくても、せめて他人のなかに入っていけたり、外出できたりなどのことです。親としても精いっぱいの譲歩を見せた「切なる願い」を指しています。

 ただ、そのことはお子さん自身もよくわかっていると思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

484号 2018/6/15

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

483号 2018/6/1

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...