不登校新聞

476号 2018/2/15

今ならわかる 親としてがんばってるのに空回りし続けたワケ【不登校の子を持つ親に聞く】

2018年02月13日 17:29 by kito-shin



 現在、高校3年生の長女がおりまして、小学6年生のときに不登校になりました。長女が通っていた小学校は各学年1クラスしかない小規模校でしたので、高学年になるにつれ、友だちづきあいの変化など、いろいろあったんだろうなぁと思っていました。

 ただ、本人は行きたくない理由についていっさい話さなかったので、本当のところはよくわかりません。ただ、さほど心配もしてなかったんです。中学校に上がれば環境も変わるし、自然と行けるようになるだろうと軽く考えていたんです。

 ところが「地元の中学校には行きたくない」と急に言い出したので、あわてて学校を探し、都内の私立中学校になんとか入学することができました。でも、電車通学というハードルが高かったのか、6月からパタッと行かなくなりました。

 夫は単身赴任中でしたし、私もずいぶん落ち込んだんですが、そんなときに出会ったのが「ネモネット」でした。子どもが不登校になると、親はいろいろ調べ物をすると思いますが、その際にどこにつながるか。これが重要なポイントだと思います。

 いろいろ調べているうち、「東京シューレ葛飾中学校」の存在を知りました。「不登校であること」が入学条件というユニークな学校で、私も見学に行き、「ここなら通えるんじゃないか」と思いました。「今ならまだやり直せる」という焦りが私のなかにあったんでしょうね。

 長女は、というと、私のすすめに積極的に乗ってきたわけではありませんでしたが、「行ってみる」と言うので入学手続きをしました。

 「これでもう大丈夫だ」と思ったのもつかの間、初日に行ったきり、学校に行こうとしないんです。ここまでくると、さすがの私も困惑しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「登校すると体にじんましん」小1から不登校の息子が求めていたのは学び

501号 2019/3/1

長男の不登校、なにひとつムダなことはなかった【母親手記】

195号(2006.6.1)

親の笑顔が子どもの笑顔の近道、だから「遊ぶ親の会」をつくりました

496号 2018/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...