不登校新聞

477号 2018/3/1

ベテラン歯医者の対応から学ぶ不登校への向き合い方

2018年02月26日 11:59 by kito-shin



 連れ合いが歯を痛めて大学病院へ行くことになった。街の歯医者では「手術が必要だ」とも言われ、私も付き添った。しかし大学病院で診てもらったが「痛みの原因がわからない」と医師たちは頭をかしげる。結局、院内の3つの科を渡り、何人もの医師たちと話をすることになった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...