不登校新聞

477号 2018/3/1

気仙沼の親の会が再開し早5周年

2018年02月26日 12:29 by kito-shin



 東北新幹線を一関駅で下車、宮城県気仙沼に行くため、大船渡線に乗り換える。凍てつくような風に首を縮めつつ待つこと十数分、電車が来た。手でボタンを押してドアを開ける。最終電車のためか、乗客は私をいれて2名だ。

 あたたかい車内から、雪に覆われた沿線の山々や灯のもれる一軒家をみる。これは、冬の大船渡線。ひさしぶりに乗ったが、思い出した。そう、そう、私は、春のここの景色も知っているなあ、夏のここも、秋のここも知っているなあ、と。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...