不登校新聞

477号 2018/3/1

気仙沼の親の会が再開し早5周年

2018年02月26日 12:29 by kito-shin



 東北新幹線を一関駅で下車、宮城県気仙沼に行くため、大船渡線に乗り換える。凍てつくような風に首を縮めつつ待つこと十数分、電車が来た。手でボタンを押してドアを開ける。最終電車のためか、乗客は私をいれて2名だ。

 あたたかい車内から、雪に覆われた沿線の山々や灯のもれる一軒家をみる。これは、冬の大船渡線。ひさしぶりに乗ったが、思い出した。そう、そう、私は、春のここの景色も知っているなあ、夏のここも、秋のここも知っているなあ、と。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

鉄道ジャーナリストが「鉄道好きの不登校」に贈る、鉄道をもっと楽しむ方法

519号 2019/12/1

不登校の子どもが創る学校 不登校の歴史vol.519

519号 2019/12/1

かがり火

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...