不登校新聞

477号 2018/3/1

「親はいつまで待てばいいの?」不登校の袋小路 精神科医が解説

2018年02月26日 16:35 by kito-shin



連載「児童精神科医に聞きました」vol.6

【質問】不登校の子を持つ親に向けたアドバイスとして「待つことが大事」という話を聞きました。それ以来、子どもがみずから動き出すまで待とうと決めたんですが、もう1年近くが経ってしまいました。子どものようすも、1年前と比べ、大きく変化しているようには見えません。親はいつまで待てばいいのか。ただ待っているだけでなく、何かすべきことがあるのでしょうか?

 「1年近く」では、あまりに短すぎるでしょう。では、3年くらいか。石の上にも3年という言葉もあるし。それとも、7年くらいか。私は、どこかで「最低でも7年」と話したことがあります。

 少なくとも、それくらいのゆとりを持って構えていれば、そのうち親も、よい意味であきらめてくれるだろう。親があきらめてくれないかぎりは、子どもは動き出さないものだ――。

 どこかでこういう内容を、不登校の延長上にひきこもっている若者に対して話したところ、「高岡さんは、一生ひきこもる生き方を認めないのですか?」と、質問されたことがあります。なるほど、私の「7年」という発言は、いかにもケチな料簡だったなあと、恥じいったしだいです。

 他方で、「7年」という数字を額面通りにとらえ、「7年だと義務教育期間がすぎてしまう」と、おっしゃる親がいました。また、少数ですが、「すでに7年が経つけど、まだ学校へ戻ろうとしない」と、焦っておられる親もいました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「息子の家庭内暴力を止めたい」まず親がすべきことは

500号 2019/2/15

不登校と子どもの自己肯定感、ほめる以外にもコツがあります。

495号 2018/12/1

「学校に行きたい、でも行けない」子どもの気持ちが矛盾するワケ

492号 2018/10/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...