不登校新聞

478号 2018/3/15

「食べ放題」「〇〇放題」というシステムが持つ自由さや解放感

2018年03月12日 12:32 by kito-shin



 先日、人生初のいちご狩りに行きました。

 じつは、小熊家は「◯◯放題」というシステムをこよなく愛しています。ふだんは寝坊してばかりの私も、信玄餅の「詰め放題」の際には、夜中の3時に起床というミッションを難なくこなします。

 なかでも「食べ放題」は、わが家の一大イベントと言っても過言ではありません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国のフリースクール調査 不登校の歴史vol.484

484号 2018/6/15

『不登校新聞』創刊20周年を新たな出発点として

484号 2018/6/15

ひといき

484号 2018/6/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...