不登校新聞

478号 2018/3/15

「食べ放題」「〇〇放題」というシステムが持つ自由さや解放感

2018年03月12日 12:32 by kito-shin



 先日、人生初のいちご狩りに行きました。

 じつは、小熊家は「◯◯放題」というシステムをこよなく愛しています。ふだんは寝坊してばかりの私も、信玄餅の「詰め放題」の際には、夜中の3時に起床というミッションを難なくこなします。

 なかでも「食べ放題」は、わが家の一大イベントと言っても過言ではありません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

指導要録上の出欠の扱い 不登校の歴史vol.539

539号 2020/10/1

ひといき

539号 2020/10/1

森の喫茶店 第539号

539号 2020/10/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...