不登校新聞

478号 2018/3/15

「みにくさ」がなぜか優しかった どん底の私が支えられたもの【当事者手記】

2018年03月12日 16:00 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.12

 現役不登校のころ、私の自己イメージは「うんち色の図体の大きな塊」だった。こんな私が空間を占拠していて、ごめんなさいと日々思っていた。まさしく、どん底。家の外に出るのすら世間に申しわけて出かけられなかった。

 そんななか、近所の古本屋で手にとって、夢中になったのが筒井康隆の初期の短編集。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

自分の不登校をどう思ってる? 14歳と19歳の回答

196号(2006.6.15)

「不登校は生き方のひとつ」音楽を通して伝える“希望”とは

495号 2018/12/1

不登校ひきこもりの「体力問題」実は体力関係なかったって話

495号 2018/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...