不登校新聞

478号 2018/3/15

「不登校は直すのではなく付き合っていくもの」渡辺位さんに教えられ

2018年03月12日 16:28 by kito-shin



 2018年5月に『不登校新聞』の20周年を迎える。その創刊までに私には裁判官を退職、弁護士の開業という方向転換で弁護士活動の初期10年、少年の弁護など子どもの問題に取り組み始めた歩みがある。

 その時期に出会い、師と仰ぐなかのお一人が児童精神科医・渡辺位さんである。息子たちの不登校にとまどい、不安で焦って葛藤し、当時の登校拒否に関する本も読みあさるなかで、渡辺位さんの「学校に行かないで生きる」に出会い救われた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

転勤族だったわが家の夏は色とりどりに

488号 2018/8/15

のべ700名が集まった不登校の「全国大会」

488号 2018/8/15

馳試案 不登校の歴史vol.488

488号 2018/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...