不登校新聞

478号 2018/3/15

親の「励まし」が子どもの「励み」に変わるために必要なこと

2018年03月12日 16:57 by kito-shin



 子どもが不登校になったとき、将来はどうなるんだろうと、目の前が真っ暗になったような気がした一一。これまでの取材のなかで、そう話す親御さんにたびたびお会いしてきました。

 著者の浜田寿美男さんは発達心理学が専門の心理学者です。しかし、心理学者でありながら、何でもかんでも「こころ」の問題にしてしまう今の世相に疑問を投げかける稀有な方でもあります。

 本書では、不登校、いじめ、親離れ・子離れ、高校受験、思春期など、わが子と接する際に親を悩ませる多くのテーマについて触れられていますが、なかでもおすすめなのが「プレッシャーにならない励まし方」です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学習指導要領」が変わった 不登校の歴史vol.518

518号 2019/11/15

ひといき

518号 2019/11/15

かがり火

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...