不登校新聞

478号 2018/3/15

親の「励まし」が子どもの「励み」に変わるために必要なこと

2018年03月12日 16:57 by kito-shin



 子どもが不登校になったとき、将来はどうなるんだろうと、目の前が真っ暗になったような気がした一一。これまでの取材のなかで、そう話す親御さんにたびたびお会いしてきました。

 著者の浜田寿美男さんは発達心理学が専門の心理学者です。しかし、心理学者でありながら、何でもかんでも「こころ」の問題にしてしまう今の世相に疑問を投げかける稀有な方でもあります。

 本書では、不登校、いじめ、親離れ・子離れ、高校受験、思春期など、わが子と接する際に親を悩ませる多くのテーマについて触れられていますが、なかでもおすすめなのが「プレッシャーにならない励まし方」です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...