不登校新聞

478号 2018/3/15

不登校の親の心が一番休まる「親の会」をご存知ですか? 連載「母親の気持ちが落ち着くとき」

2018年03月12日 17:22 by kito-shin



連載「母親の気持ちが落ち着くとき」vol.3

 今回は「親の会」についてお話したいと思います。

 一口に「親の会」と言ってもさまざまな会がありますが、私の経験上、学校や社会へできるだけ早く戻すことを目的としている会はおすすめしません。子どもの気持ちを大切にしているか否か、これが「親の会」のよしあしを見極めるポイントです。

 「親の会」というのは、参加者である親どうしが対等であり、おたがいに学びあっていく場であると私は考えています。なかには専門家の話を聞くばかりというところもありますし、「当事者から学ぶ」と謳っておきながら、実際は主催者から指示されるばかりというところもあります。そうではなく、親がほかの参加者の話を聞き、自分で考える。これこそが「親の会」のあるべき姿です。

“これじゃない” ちょっと待って

 実際に参加してみたものの、「わが子と同年齢の子を持つ親がいない」「わが家と似た状況の話が聞けない」という経験をされた方もいると思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもが不登校になったとき 親にできる「居場所」の見つけ方

490号 2018/9/15

不登校経験者の声で気がついた「社会性」を育てる方法

488号 2018/8/15

子どもが毎日ゲームばかり 依存より心配すべき心の背景

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...