不登校新聞

479号 2018/4/1

弱い者への発散を力でとめるのではなく

2018年03月29日 11:04 by kito-shin



 全国各地で桜の開花宣言が相次いでいる。4月になると、また新しい進級、進学先で、学校生活が始まる。そのなかで、いじめやいじめ問題が起こらないよう祈りたい。

 学校では、心身の発展・発達途上の児童・生徒がそれぞれのペースで歩んでいるなかで集団生活を形成しながら生活をしていることから、どうしてもさまざまな軋轢を生みやすい状況に置かれている。その状況を乗り越えていくことで、一人の人間として成長していくとも考えられる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...