不登校新聞

479号 2018/4/1

弱い者への発散を力でとめるのではなく

2018年03月29日 11:04 by kito-shin



 全国各地で桜の開花宣言が相次いでいる。4月になると、また新しい進級、進学先で、学校生活が始まる。そのなかで、いじめやいじめ問題が起こらないよう祈りたい。

 学校では、心身の発展・発達途上の児童・生徒がそれぞれのペースで歩んでいるなかで集団生活を形成しながら生活をしていることから、どうしてもさまざまな軋轢を生みやすい状況に置かれている。その状況を乗り越えていくことで、一人の人間として成長していくとも考えられる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...