不登校新聞

479号 2018/4/1

おばさんたちが唄うキャロルに不登校ど真ん中の私がグイッと救われた理由

2018年03月28日 11:22 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.13

 どん底の私を救ったのは、たしか「ルイジアンナ」(キャロル)だった。私が不登校した直後に「東京シューレ」が行なった10周年祭で、父母たちが唄っていたのだ。曲名はあいまいだが父母たちのようすは鮮明に覚えている。父母たちは壇上で唄って踊ってやけに楽しそうだった。その姿を見てひさしぶりに笑った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

読者の声「札幌市子どもの権利条例」

189号(2006.3.1)

読者の声「学校復帰に自信をもつ教員」

189号(2006.3.1)

私が求めるもの「安心できる繋がりと自分を問う時間」

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...