不登校新聞

479号 2018/4/1

「俺も不登校だった」元ブルーハーツドラマー・梶原徹也さんに聞く【編集部オススメバックナンバー】

2018年03月30日 08:01 by koguma



――いま不登校をしている子どもたちへのメッセージはありますか?

 俺も高校2年生のとき、1年くらい不登校で、ほとんど家のなかですごしていたんだ。当時は学級委員長などをすぐに引き受ける優等生タイプだったんだけど、器用じゃないから一つのことをこなすのに時間がかかってしまう。そのうち、勉強にもついていけなくなってしまった。

 何事も完璧にこなそうとする自分と、学校に行けない自分とのあいだの葛藤がしだいに大きくなってきてしまったんだよね。それで、体調も崩してしまって「もうダメだー」と、学校に行くことを投げ出してしまったんだ。

 そのときのつらい気持ちや体験って、いまでも鮮明に体に残っているんだけど、「いまが人生で最悪の時間だ」と思い込んでいたなかで、その後の自分の「核」となるものが見つかったりする。俺の場合、それがドラムだったんだ。

 自分の不登校体験を話すとき、俺はかならず「逃げてくれ」って気持ちを伝えるようにしているんだ。「周囲に迷惑をかけたくないから」と、みずから命を絶つ子どもたちのニュースを聞くと、本当にいたたまれなくなる。

 つらいときにはなかなか気づけないんだけど、他人にかけた迷惑って、あとでお返しする機会がかならずあるんだよね。だって、人間の可能性って、本人が考えている以上に内在しているから。 

 直線だと思っていた人生も、じつは複雑に折れ曲がっている。俺の人生だってこれから変化していく可能性はまだあるし、若いみんなにはもっと可能性が秘められていると思うんだ。だから、迷惑ってもっともっとかけていいと思うんだ。

――ありがとうございました。(文・写真/小熊広宣)

※2009年2月15日号掲載分を再編集

関連記事

教育機会確保法成立から2年 “提案型の社会”に必要なことは

499号 2019/2/1

「いまだなにも解決していない」哲学者に聞く水俣病50年

195号(2006.6.1)

「災難」状況の社会に希望はあるか 趙韓惠貞さんに聞く

497号 2019/1/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...