不登校新聞

479号 2018/4/1

「年上だから」年齢で役割をきめないで【不登校当事者手記】

2018年03月28日 14:49 by kito-shin



 僕はフリースクールに通っていた22歳のときに言われた一言が、いまも心にひっかかっています。それは、「一番年上なんだから、みんなをひっぱらないと」という言葉です。

 当時そのフリースクールでは、「総合学習の場」というものを新たに立ち上げ、僕もメンバーでした。メンバーのなかでは、たしかに僕は一番年上でした。しかし、始まったばかりの場でメンバーもスタッフもどう進めていいか試行錯誤の状態でした。そんなときに上記の一言を言われたのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

読者の声「札幌市子どもの権利条例」

189号(2006.3.1)

読者の声「学校復帰に自信をもつ教員」

189号(2006.3.1)

私が求めるもの「安心できる繋がりと自分を問う時間」

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...