不登校新聞

479号 2018/4/1

「年上だから」年齢で役割をきめないで【不登校当事者手記】

2018年03月28日 14:49 by kito-shin



 僕はフリースクールに通っていた22歳のときに言われた一言が、いまも心にひっかかっています。それは、「一番年上なんだから、みんなをひっぱらないと」という言葉です。

 当時そのフリースクールでは、「総合学習の場」というものを新たに立ち上げ、僕もメンバーでした。メンバーのなかでは、たしかに僕は一番年上でした。しかし、始まったばかりの場でメンバーもスタッフもどう進めていいか試行錯誤の状態でした。そんなときに上記の一言を言われたのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

高校中退で“人生詰んだ”高認という選択肢で僕は救われた

508号 2019/6/15

「母に包丁を向けた日もあった」不登校だった私が平穏を取り戻すまで

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...