不登校新聞

479号 2018/4/1

9年間ひきこもった私が、家にいても安らげなかった一番の理由は

2018年04月02日 11:47 by kito-shin



 私は現在36歳。18歳から27歳までひきこもっていた。長い苦しみの期間だった。その苦しみは、たくさんの要因が折り重なっていたように思う。大学受験を失敗した喪失感。コンプレックスによる劣等感。そして何よりも、いっしょに暮らしていた「両親が私にかけ続けた言葉」が、知らず知らずのうちに、私をしばり、苦しめていたのだと思う。

 私の母は、私がリビングで横たわっていると、台所で夕飯をつくりながら「どこか遠くへ行きたいわ」とつぶやいた。父は私がカーテンを閉め忘れると、「カーテンくらい閉めろ、お前はしっかりしていないから嫁にいけないんだ」と叱咤した。家にいる以上、このつぶやきや叱咤を毎日受けなければならなかった。はたから見たらよくある親の小言かもしれない。しかし私は反論できなかった。言い返すことをあきらめ、沈黙せざるを得なかった。なぜならおこづかいをもらい、自立せず家にいさせてもらっていることによって、両親に引け目を感じていたからだ。私はしだいに家庭のなかで居場所や自由を失っていった。

田口ランディの言葉が腑に落ち

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の恋愛事情 非モテがつらくて発狂しそう

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 アドバイス編 今から大事なことを言うぞ。「ギャルゲーは裏切らない」

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 怨嗟編 「恋愛第一」の社会、ぶっちゃけウザいんですけど

488号 2018/8/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...