不登校新聞

370号 (2013.09.15)

親の“キモチ”って 前編

2013年09月13日 16:17 by kito-shin



 本紙367号にて、『Fonte』読者オフ会の参加者アンケートで寄せられた声を紹介しました。
 
 「本人の内面の状態がわからない」「第三者に外へ引き出してほしいが、きっかけをどうつくればいいのか」「悟りを開いて待つしかないのか」という訴えについて声を募集したところ、9人の方からお返事をいただきました。ありがとうございました。紙幅の関係から、今号はAさんから寄せられた声(編集部要約)をご紹介します。

■本人の内面の状態がわからない
 20代半ばのひきこもり状態の息子を持つ母親です。これは10数年悩んでいることです。
 
 わが子はいつも不機嫌で、本人のなかに親に対する『怒り』の感情があるのではないかとさえ思います。
 
 わからないなりの推測ですが、私が息子のテリトリーに触れようとすることを嫌がります。いっしょに暮らす親として、食・住の環境面でできるかぎりのことをして、あとは私も好きなようにさせてもらうのが、私の精神衛生上よいのではないかと。最近では、わかろうとしていろいろ推測しても無理じゃないかと思うようになりました。

■第三者に外へ引き出してほしい、そのきっかけは

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...