不登校新聞

370号 (2013.09.15)

不登校の歴史 第370回

2013年09月13日 16:15 by kito-shin


 2009年、全国子ども交流合宿「ぱおぱお」で採択された「不登校の子どもの権利宣言」を前回に続けて紹介する。(太字が宣言本文)

8.暴力から守られ安心して育つ権利
 私たちには、不登校を理由にした暴力から守られ安心して育つ権利がある。おとなは、子どもに対し体罰、虐待、暴力的な入所・入院などのあらゆる暴力をしてはならない。
 
 体罰で不登校になった子もいる。不登校だから殴られたり、車で無理に学校まで連れて行かれたり、施設や病院に入れられる。みな不登校を治すという名目で許されているが、それがおかしい。子どもはたまったものではない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...