2009年、全国子ども交流合宿「ぱおぱお」で採択された「不登校の子どもの権利宣言」を前回に続けて紹介する。(太字が宣言本文)

8.暴力から守られ安心して育つ権利
 私たちには、不登校を理由にした暴力から守られ安心して育つ権利がある。おとなは、子どもに対し体罰、虐待、暴力的な入所・入院などのあらゆる暴力をしてはならない。
 
 体罰で不登校になった子もいる。不登校だから殴られたり、車で無理に学校まで連れて行かれたり、施設や病院に入れられる。みな不登校を治すという名目で許されているが、それがおかしい。子どもはたまったものではない。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。