不登校新聞

370号 (2013.09.15)

不登校の歴史 第370回

2013年09月13日 16:15 by kito-shin


 2009年、全国子ども交流合宿「ぱおぱお」で採択された「不登校の子どもの権利宣言」を前回に続けて紹介する。(太字が宣言本文)

8.暴力から守られ安心して育つ権利
 私たちには、不登校を理由にした暴力から守られ安心して育つ権利がある。おとなは、子どもに対し体罰、虐待、暴力的な入所・入院などのあらゆる暴力をしてはならない。
 
 体罰で不登校になった子もいる。不登校だから殴られたり、車で無理に学校まで連れて行かれたり、施設や病院に入れられる。みな不登校を治すという名目で許されているが、それがおかしい。子どもはたまったものではない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...