不登校新聞

481号 2018/5/1

「不登校から考えあう」山下耕平【創刊20周年】

2018年04月26日 11:13 by kito-shin



 不登校を考えるのではなく、不登校から、読者とともに考え合っていくこと。それが『不登校新聞』だと私は思ってきた。なぜなら、私自身が不登校から自分を問われ、そこから学校のあり方や社会のあり方を考えてきたからだ。私に不登校経験はないが、そういう意味では、不登校はつねに自分ごとでもある。

 創刊当初は、不登校をテーマに月2回も新聞を出すなんて無謀だと言われた。たしかに無謀にはちがいなかったのだが(2号で夜逃げしようかと思っていた)、それでも20年も続いてきたのは、不登校からの問いの深度が深く、その幅も広いからだろう。

 2004年から媒体名を『Fonte』と変更したのも、そうした理由からだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...