不登校新聞

481号 2018/5/1

「不登校と下戸、相通ずる点は」小児科医・若林実【創刊20周年】

2018年04月26日 11:23 by kito-shin



 私はいわゆる下戸でお酒をすすめられるのが大の苦手です。遠慮ではなく、断っていることを知ると、相手の方はまあなんと気の毒な人だというふうな顔をされます。

 お酒を学校に置き換えると、不登校のことがすこしは理解できるのではないでしょうか。

 学生時代は、酒好きの友人から「そんなんでは社会に出て困る」とさんざん脅かされたものです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...