不登校新聞

481号 2018/5/1

期待していた中学校の初日、翌日には玄関先で立ち止まったのは【別室登校中の14歳手記】

2018年04月26日 11:51 by kito-shin



連載「ただいま別室登校中!」vol.11

 中高一貫校の受験に無事合格した私。学用品をそろえ、制服を買い、給食はないので弁当箱も買うなど、入学に向けて準備を進めていました。進学先の中学校に、私は大きな期待を抱いており、全体的に落ち着いていて、刺激的な授業が受けられて、私が憧れた「大人びた会話」などがクラスメイトとできるにちがいないと思っていました。

 入学式翌日、クラスも決まり、初めて登校することに。これからどんな生活が待っているだろうと、わくわくしながら教室へ向かいました。

 最初は名簿順で席が決まっていて、私のまわりは、ほぼ女子でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

1年間、連載を続けて私が私に思うこと【別室登校中の14歳手記】

494号 2018/11/15

別室登校だから始まった私の「新しいこと」【別室登校中の14歳手記】

493号 2018/11/1

初めて学校が楽しいと思った日が一変した「ジャックダニエル事件」【別室登校中の14歳手記】

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...