不登校新聞

482号 2018/5/15

西鉄バスジャック事件から18年 少年事件の今に思う

2018年05月14日 16:52 by kito-shin



 連休後半の2018年5月3日、何気なくテレビをつけると、山口由美子さんの顔があらわれ、びっくりした。18年前のこの日、「西鉄バスジャック事件」が起こり、そのドラマ化だった。

 いじめを受け、不登校になり、それを周囲に受けとめられず、家庭内暴力が出て、困った家族が東京の専門医に相談。専門医は本人に一度も会っていないにもかかわらず、警察の力を使って精神科病棟への入院を指示。入院の際に少年が吐いたというセリフが忘れられない。「覚えていろよ。ただじゃ済まないからな」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

492号 2018/10/15

ひといき

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...