不登校新聞

482号 2018/5/15

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

2018年05月15日 12:05 by kito-shin



連載「決まり文句の研究」vol.11

 世間一般では、ひきこもり状態の人に対して「弱い」という見方が定着しているようです。「ひきこもりは弱い人間がなるものだ」と。そこまではおっしゃらなくても、近い感情を持つ親御さんも少なくありません。

 しかし「強い/弱い」という評価軸で人を判断することは、妥当なのでしょうか。

 私のプロフィールにありますように、私は高校時代に不登校状態を、その後に(具体的には大学卒業1年後から)ひきこもり状態を経験しています。そのため、前述の評価軸を使えば、私は「不登校時代は弱かったが、強くなったので高校を卒業できた」ということになり、「ひきこもり時代は弱かったが、そのあとは強くなって今に至る」ということになります。

 では、自分自身はそのように実感しているのか。その実感はまったくありません。高校の不登校時代は、がんばって学校に行こうとしていましたが、その後の高校生活ではがんばらなくても学校に行けていたからです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

484号 2018/6/15

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

483号 2018/6/1

脱ひきこもりのためには、規則正しい生活をさせたほうがいいですか?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

481号 2018/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...