不登校新聞

482号 2018/5/15

不登校の私の味方は自由で静かな「夜」でした【不登校当事者手記】

2018年05月15日 12:28 by kito-shin



 学校に行っていない小学6年生のとき、朝と昼が苦手でした。学校に行っている子たちと行っていない自分との境界線が、はっきりと照らし出されるからです。でも学校に行く時間帯ではない「夜」には、その境界線がありません。だから、夜は静かで自由で。ずっと私の心強い味方でした。もちろん、夜はいいことばかりではありません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校になった自分の過去、20代になって整理できるように

500号 2019/2/15

「パニック症かも?」と思う人に伝えたい実情  医師による対処法と体験談を紹介

500号 2019/2/15

不登校している私が望む進学先は「誰も私を知らない場所」でした

500号 2019/2/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...