不登校新聞

482号 2018/5/15

不登校の私の味方は自由で静かな「夜」でした【不登校当事者手記】

2018年05月15日 12:28 by kito-shin



 学校に行っていない小学6年生のとき、朝と昼が苦手でした。学校に行っている子たちと行っていない自分との境界線が、はっきりと照らし出されるからです。でも学校に行く時間帯ではない「夜」には、その境界線がありません。だから、夜は静かで自由で。ずっと私の心強い味方でした。もちろん、夜はいいことばかりではありません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校になってから会社を設立した子に起きていたこと【小学生からの不登校】

559号 2021/8/1

つらくても学校へ行くのはえらいの? 私の本音は「行きたくない」

559号 2021/8/1

死にたいと思うほど心が疲れても私が学校へ行き続けた理由

559号 2021/8/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

559号 2021/8/1

小学生の不登校は直近5年間で倍増しています。当事者は、どんな思いで学校から...

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...