不登校新聞

483号 2018/6/1

かがり火

2018年05月28日 17:04 by kito-shin



 第71回カンヌ国際映画祭で是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞を受賞し、審査員長ケイト・ブランシェットさんは、「見えない人々に声を与えた」作品と評した。

 一億総活躍社会などという虚飾に満ちた格差社会のなかで、身を寄せあって貧しさのなかを生きる家族に向ける人としてのまなざしを問う作品なのだと思う。私は12歳の少年の附添人をした経験を思い出した。少年の家庭は母と少年を含む8人兄弟の家族で、母は病弱で生活保護を受けている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「なんかいやだなぁ」の正体【子どもの権利条約】

196号(2006.6.15)

子どもの権利条約フォーラムふくしま発足

196号(2006.6.15)

読者の声「不登校児にワッペン?」

196号(2006.6.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...