不登校新聞

483号 2018/6/1

会議空白の7カ月 不登校の歴史vol.483

2018年05月28日 17:09 by kito-shin



 順調に進んできた「フリースクール等に関する検討会議」であった。とりわけ「不登校に関する調査研究協力者会議」と合同で開催された第4回会議は、当事者の意見発表が認められたり、市民の不登校体験記が資料として配られるなど、とても評価できるものであったから、その後に期待を持っていた。

 しかし、会議はここで突如ストップする。それまでおおむね、月1回くらいの開催であったが、なかなか開かれない。次のお知らせもない。やっと再開されたのは、前回から7カ月後の11月19日であった。

 空白の7カ月、何があったのか。

 「不登校に関する調査研究協力者会議」はそんなことはなく、たんたんと進んでいた。「フリースクール等検討会議」のみがストップしたのである。

 それは後に「教育機会確保法」として成立する法律が、議員立法として、検討され始めたことと関係する。行政で検討しているものより、法律のほうが上位である。だから、重なる分野では、法律がどうなるか見ないで決めても意味がない。また、法律の枠以上を決めることもできない。そこで、様子見となるのである。

 しかし、法律はそうかんたんに成立せず、二転三転した。進むかと思うと、ストップもした。検討会議再開のメドも立たないまま、刻々と時間だけがすぎていった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...