不登校新聞

483号 2018/6/1

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

2018年05月29日 16:30 by kito-shin
2018年05月29日 16:30 by kito-shin



連載「決まり文句の研究」vol.12
 
ひきこもり支援の世界では、よく「早期発見・早期対応が大事」だと、標語のように言われています。

 言うまでもなく、この言葉は「支援機関はひきこもり状態の人“を”早く発見して速やかに対応しましょう」という意味です。当然、ひきこもり状態の人は「発見される側」です。

 相談員である私は、親御さんが早い段階から相談してくださると対応しやすい、と感じていますから、本人を支援している支援機関の方はなおさら感じることでしょう。ただし、これは支援側の都合です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

484号 2018/6/15

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

482号 2018/5/15

脱ひきこもりのためには、規則正しい生活をさせたほうがいいですか?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

481号 2018/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…