不登校新聞

485号 2018/7/1

登校するために必要だった前髪とマスク【別室登校中の14歳手記】

2018年06月29日 10:33 by shiko



連載「ただいま別室登校中!」vol.15

 私は保健室登校を始めました。

 学校では、各教室の朝のホームルームは8時ごろから始まります。私は、ほかの生徒と顔を合わせたくなかったので、少し時間をうしろにずらして登校していました。保健室登校はふつうの生徒がやることではないので、恥ずかしかったり気まずかったり、陰で誰かに何か言われているのではないかと思ってしまうからです。

 ですが、人目を避けるだけでは、学校へ登校することはできませんでした。私に学校に登校する「勇気」を出させてくれたのは、前髪とマスクです。

 そのころの私は、前髪を伸ばしていて、長さはアゴのあたりまでありました。ふだんはかきわけているのですが、むしゃくしゃしたりイライラしたりするときには、前髪で顔全体を「すだれ」のように覆った状態にしていました。はたから見れば、「ゲゲゲの鬼太郎」か、ホラー映画の「貞子」のような不気味な見た目をしていたのではないかと思います。

 そしてもうひとつ、私は学校にマスクを着けて登校していました。家の玄関で、使い捨ての白いマスクを着け、保健室にいるときも着けたまま、家に帰るまで外しません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

1年間、連載を続けて私が私に思うこと【別室登校中の14歳手記】

494号 2018/11/15

別室登校だから始まった私の「新しいこと」【別室登校中の14歳手記】

493号 2018/11/1

初めて学校が楽しいと思った日が一変した「ジャックダニエル事件」【別室登校中の14歳手記】

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...