不登校新聞

486号 2018/7/15

悲しいときはちゃんと絶望したい だから私は大森靖子を聞く

2018年07月13日 14:18 by kito-shin



 私がどん底だったのは、おとといです。私は人間関係などのトラブルからアルバイトに耐えられなくなり、辞める決断をしました。それを母に話したのがおとといのことでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親のこと、どう思ってる?」親に言えない不登校当事者の本音

494号 2018/11/15

「あの子たちを憎む私が嫌いだった」当事者しか解らない不登校の苦痛

493号 2018/11/1

私に必要だった“愚かな行為”

493号 2018/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...