不登校新聞

486号 2018/7/15

悲しいときはちゃんと絶望したい だから私は大森靖子を聞く

2018年07月13日 14:18 by kito-shin



 私がどん底だったのは、おとといです。私は人間関係などのトラブルからアルバイトに耐えられなくなり、辞める決断をしました。それを母に話したのがおとといのことでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大人に対して心を閉じていた私が心を開けるようになった理由

498号 2019/1/15

資格も仕事もあるし、仲間もいるのに別れられない学歴コンプレックス

498号 2019/1/15

いじめ対策で小1からキャラ研究、仮面を外して自分になるまでの道

498号 2019/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...