不登校新聞

486号 2018/7/15

悲しいときはちゃんと絶望したい だから私は大森靖子を聞く

2018年07月13日 14:18 by kito-shin



 私がどん底だったのは、おとといです。私は人間関係などのトラブルからアルバイトに耐えられなくなり、辞める決断をしました。それを母に話したのがおとといのことでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

偏差値37から大学へ 実体験から考える不登校からの勉強で大事なこと

580号 2022/6/15

「学校は毎日通わなければ」と思っていた私が自分のペースで学校と付き合えるようになるまで

580号 2022/6/15

映像会社で働く僕が不登校経験を「こんなもん」と思えた理由

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...