不登校新聞

486号 2018/7/15

空気を読んでハジけるなんて難しすぎる「不登校からのカラオケ克服計画」

2018年07月13日 17:33 by kito-shin



 「大人になるとは、2次会でカラオケを歌うことである」。そんな持論を長く持っていたPNナラスカルさんにカラオケのコンプレックスや「克服法」を書いてもらった。

*****

 私はカラオケが嫌いでした。この世にカラオケというものがあるせいで「大人になりたくない」とすら思っていたのです。なぜなら私の勝手な妄想ですが「大人」といえば「社会人」、「社会人」といえば「二次会」、「二次会」といえば「カラオケ」です。だから私にとって「大人になる」ということは「二次会でカラオケを歌わされる」ということなのです。布団のなかで「カラオケにつき合わなければいけない大人」という将来を想像し「ああ、死にたい」と思っていました。

 なぜそんなにカラオケが嫌いだったのか。私は不登校をしてからずっと「自己表現」をする資格がないと思っていて、自分の思いや考えを人に伝えることができませんでした。とくに歌で表現するなんてもってのほか。幼いころ、友人の前で好きな曲を口ずさんだら鼻で笑われたことがあり、それからは家のなかですら鼻歌が歌えなくなりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...