不登校新聞

486号 2018/7/15

空気を読んでハジけるなんて難しすぎる「不登校からのカラオケ克服計画」

2018年07月13日 17:33 by kito-shin



 「大人になるとは、2次会でカラオケを歌うことである」。そんな持論を長く持っていたPNナラスカルさんにカラオケのコンプレックスや「克服法」を書いてもらった。

*****

 私はカラオケが嫌いでした。この世にカラオケというものがあるせいで「大人になりたくない」とすら思っていたのです。なぜなら私の勝手な妄想ですが「大人」といえば「社会人」、「社会人」といえば「二次会」、「二次会」といえば「カラオケ」です。だから私にとって「大人になる」ということは「二次会でカラオケを歌わされる」ということなのです。布団のなかで「カラオケにつき合わなければいけない大人」という将来を想像し「ああ、死にたい」と思っていました。

 なぜそんなにカラオケが嫌いだったのか。私は不登校をしてからずっと「自己表現」をする資格がないと思っていて、自分の思いや考えを人に伝えることができませんでした。とくに歌で表現するなんてもってのほか。幼いころ、友人の前で好きな曲を口ずさんだら鼻で笑われたことがあり、それからは家のなかですら鼻歌が歌えなくなりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...