不登校新聞

486号 2018/7/15

【不登校とカラオケ事情】歌が上手でもオンチでも苦手傾向の理由

2018年07月13日 17:32 by kito-shin



 不登校経験者はカラオケについてどう感じているか。

 Aさん(21歳)は音楽が大好きだが、中学生のころ「音痴」とからかわれたことからカラオケが嫌いになった。最近では友だちに誘われたときは、しょうがなくついていくが「絶対に歌わないよ」と念をおす。しかし、堂々と歌っている友だちが、うらやましいとも語っていた。

 Bさん(23歳)はフリースクール育ち。在籍中は友だちとよくカラオケに行ったが、社会人になってからは苦痛になった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...