不登校新聞

486号 2018/7/15

【不登校とカラオケ事情】歌が上手でもオンチでも苦手傾向の理由

2018年07月13日 17:32 by kito-shin



 不登校経験者はカラオケについてどう感じているか。

 Aさん(21歳)は音楽が大好きだが、中学生のころ「音痴」とからかわれたことからカラオケが嫌いになった。最近では友だちに誘われたときは、しょうがなくついていくが「絶対に歌わないよ」と念をおす。しかし、堂々と歌っている友だちが、うらやましいとも語っていた。

 Bさん(23歳)はフリースクール育ち。在籍中は友だちとよくカラオケに行ったが、社会人になってからは苦痛になった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...