不登校新聞

487号 2018/8/1

次々と生まれる新しい「病名」は子どもを幸せにするのだろうか

2018年07月30日 15:29 by kito-shin



 子どもというのは、いつの時代でもそうは変わらないものだ。変わっていくのは、むしろ世間のほうで、世間の動きに合わせるかのように、新しい病気や障害の概念がつくられてきた。近年は「子どものうつが増えている」という噂を耳にするが、本当のところはよくわからない。

 少なくとも私が学校医をしている小・中・高では、発達障害と診断されたという子どもはいても、子どものうつが増加しているようすはまったく見られない。高校生くらいになると、強迫性障害やパニック障害などの診断書をもらってくる生徒もたまにあるが、それが大きな日常生活の問題として支障となることは少ない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

水俣病50年集会、患者9人が発言

194号(2006.5.15)

フリースクールスタッフの仕事【東京都】

194号(2006.5.15)

暮しのなかの権利条約【子どもの権利条約】

194号(2006.5.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...