不登校新聞

487号 2018/8/1

次々と生まれる新しい「病名」は子どもを幸せにするのだろうか

2018年07月30日 15:29 by kito-shin



 子どもというのは、いつの時代でもそうは変わらないものだ。変わっていくのは、むしろ世間のほうで、世間の動きに合わせるかのように、新しい病気や障害の概念がつくられてきた。近年は「子どものうつが増えている」という噂を耳にするが、本当のところはよくわからない。

 少なくとも私が学校医をしている小・中・高では、発達障害と診断されたという子どもはいても、子どものうつが増加しているようすはまったく見られない。高校生くらいになると、強迫性障害やパニック障害などの診断書をもらってくる生徒もたまにあるが、それが大きな日常生活の問題として支障となることは少ない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...