不登校新聞

487号 2018/8/1

「いっしょにご飯食べようよ」研究者が見たサポート校の日常

2018年07月31日 14:17 by kito-shin

「研究者が見たサポート校」vol.3

 連載最終回となる今回は、生徒たちどうしはサポート校内でどのように関係性をつくっているのか、また、スタッフは生徒たちとどのように関わっているのか、について述べていきたいと思います。

 第1回でも述べたように、サポート校には不登校、高校中退、自閉症傾向など、さまざまな背景を持つ子どもたちが多く在籍しています。そのため、多くの通信制高校とサポート校では「1年中いつでも入学可能」というように、転編入学の可能な時期が柔軟に設定されています。

 では、こうしたなかで生徒たちは、どのように関係性をつくっていくのでしょうか。ここでは、筆者がサポート校を訪問して見た実際の光景をもとに解説していきましょう。

 学期途中で転入してきたAさん。Aさんは全日制高校からの転校初日、午前中はひとりで黙々と授業を受けていました。しかし、昼休みになると、同学年の在校生Bさんが、「いっしょに昼ごはん食べよ!」といって声をかけ、楽しく談笑する姿が見られました。こうして少しずつに打ち解けていったAさんは、その日の帰り道、Bさんとその友だち数人といっしょに、最寄りの駅まで帰っていきました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サポート校の平均学費と仕組み

486号 2018/7/15

20年間で生徒が10倍増 不登校が通う 「サポート校」ってどんなとこ?

485号 2018/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...