不登校新聞

487号 2018/8/1

「学校に行きたくない君へ」著名人20人が語る不登校

2018年07月31日 15:10 by kito-shin



 このたび、全国不登校新聞社が新刊を出すことになりました。本書は、『不登校新聞』に登場していただいた方々のお話をまとめたインタビュー集です。俳優、マンガ家、芸術家、声優、大学教授など、各界の第一線で活躍されている20名の方々が名を連ねます。どなたかのお話をさわりだけ紹介するのは難しいんですが、時事とちょっと絡めて、リリー・フランキーさんのインタビューをご紹介します。

 リリー・フランキーさんが主演を務めた映画「万引き家族」(是枝裕和監督)は先日、カンヌ映画祭の最優秀賞であるパルムドールを日本映画として、21年ぶりに受賞しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...