不登校新聞

487号 2018/8/1

あなたは知っていますか? 1年で最もいじめが多い時期

2018年07月31日 15:35 by kito-shin





 学校で起こるいじめ。その発生時期のピークはいつなのか。この点に着目した調査があるのをご存知でしょうか。滋賀県大津市が行なっている「いじめについてのアンケート」です。2011年に起きた、いじめ自殺を機に、大津市では自治体主導で、市内の小中学生を対象にした調査に取り組んでいます。

ハイリスクな時期

 「2016年度調査」を見ていただくとわかる通り、小・中学生ともに、9月が最多です。近年は「9月1日の子どもの自殺」に対する関心の高まりを受け、「同時期のいじめ対策の必要性」を指摘する声がありましたが、それを裏づける結果となっています。つぎに、「2017年調査」を見ると、9月~11月のほかに、6月にもピークがあることがわかります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ

487号 2018/8/1

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...