不登校新聞

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 アドバイス編 今から大事なことを言うぞ。「ギャルゲーは裏切らない」

2018年08月24日 15:27 by kito-shin



 モテないことに悩む人よ、不登校新聞スタッフの肩書きをかなぐり捨てて、私は宣言しよう。「ギャルゲーは裏切らない」と。

 ゲームのなかには「ギャルゲー」や「乙女ゲー」などと呼ばれる、恋愛を疑似体験できるものがある。そこでは現実では考えられないような美男美女と仲よくなれる。そんなゲームばかりやっていると、現実が見えなくなったり、現実の人とコミュニケーションができなくなると思われがちだが、それはちがう。

 たしかに「ギャルゲー」「乙女ゲー」で起こるシチュエーションや会話の9割は現実ではまず起こらない。しかしすべてがありえないというわけではない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親のこと、どう思ってる?」親に言えない不登校当事者の本音

494号 2018/11/15

「あの子たちを憎む私が嫌いだった」当事者しか解らない不登校の苦痛

493号 2018/11/1

私に必要だった“愚かな行為”

493号 2018/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...