不登校新聞

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 非モテがつらくて発狂しそう

2018年08月14日 17:07 by kito-shin



 私は不登校していたころ、「学校に戻れば苦しみから解放される」と思っていた。その後、復学してはみたものの、少しも楽にならなかった。「私の苦しみの根はどこにあるんだ?」とずっと考えていた。最近わかった。「モテないことだ」と。

 笑いごとではなく、私はモテない。最近、そういうのを「非モテ」と呼ぶ。学校にいたころは、まったくといっていいほど、女子と会話をした覚えがない。女性だけじゃない。犬にもモテない。ある時期など、私のなかのもうひとりの私が、「お前はモテない」と1年中、ささやいてくることがあった。正気を保っていられないほどモテない、それが私だ。かたや、弟はモテる。不登校もしていない。リア充だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなたのためを思って」その言葉、本当は誰のため?

502号 2019/3/15

8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

502号 2019/3/15

不登校はしませんでしたが就活で挫折 大卒後6年ひきこもった私の今

501号 2019/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...