不登校新聞

488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 非モテがつらくて発狂しそう

2018年08月14日 17:07 by kito-shin



 私は不登校していたころ、「学校に戻れば苦しみから解放される」と思っていた。その後、復学してはみたものの、少しも楽にならなかった。「私の苦しみの根はどこにあるんだ?」とずっと考えていた。最近わかった。「モテないことだ」と。

 笑いごとではなく、私はモテない。最近、そういうのを「非モテ」と呼ぶ。学校にいたころは、まったくといっていいほど、女子と会話をした覚えがない。女性だけじゃない。犬にもモテない。ある時期など、私のなかのもうひとりの私が、「お前はモテない」と1年中、ささやいてくることがあった。正気を保っていられないほどモテない、それが私だ。かたや、弟はモテる。不登校もしていない。リア充だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...