不登校新聞

489号 2018/9/1

学校に行きたくないあなたへ 羽生善治

2018年09月10日 10:34 by shiko

 2018年8月4日~5日にかけ、金沢市で開催された「登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿」。基調講演に登壇した棋士の羽生善治さんから、夏休み明けを迎える子どもたちに向けて、メッセージをいただいた。

******

 すごくつらいことや苦しいこと、その人にとってたいへんな環境というのは、やはりあると思います。そして苦しさから気持ちが沈んでしまうことも、ある程度、しかたがないことだと思います。

 私自身もそういう経験がありますが、気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするようなもので、苦しさを自分でコントロールできません。しかし、それが永遠に続くわけでもないのです。

 今の状況は、バイオリズムのひとつだと思って受けいれて、今後どうするかを考えるしかありません。

 考え方のひとつとしては「誰かが同じような境遇にいたはずだ」と思うことです。まったく同じではなくても、自分と近い境遇の人が、うまく解消していったことを、どこかで書いていたり、話していたりしているはずです。本や映画のなかでそういうことを書いている場合もあります。

 というのも「苦しいとき、どうしたのか」については、古今東西の人たちによる膨大な営みがあります。そういう営みからヒントを探していくことや、いまとはちがったアプローチを考えてみるというのも手ではないかと思います。

 もうひとつあげるとするならば「10代の特典」を使ってほしいと思っています。

 これは私の経験に基づいての話ですが「10代からの相談だから大人が対応する」ということがあります。これが大人になるとそんなにうまくいかないこともあります。自分では気がつきにくいものですが、10代のころは「特典があるんだよ」ということも知ってほしいなと思っています。

【プロフィール】
(はぶ・よしはる)
1970年、埼玉県生まれ。中学生でプロ棋士となる。2017年、史上初の永世七冠を達成し、棋士として初の国民栄誉賞を授与された。

関連記事

【追悼企画】樹木希林さん「がんのおかげで成熟した」

490号 2018/9/15

学校に行きたくないあなたへ 僕は君に生きてほしい

489号 2018/9/1

共同メッセージ発信 学校へ行きたくないあなたへ、味方はココにいます

465号 2017/9/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...