不登校新聞

490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

2018年09月14日 16:34 by kito-shin

 最近「不登校は不幸じゃない」というイベントやキャンペーンを耳にするようになった。学校へ行かないだけで、人生が不幸になったり、学校に行くことが幸福なことだとは思えない。むしろ不登校を経験することで、豊かな経験をする人たちも多いはずだ。

 まだ世間では、不登校をすることが不幸なことだと考えている人が多いということなのだろうか。人生にはさまざまな生き方があって、それを知ることによって、自分の生き方を見つめ直したり、何が人生を豊かにしてくれるのか、自分と向き合うチャンスになるのではないか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...