不登校新聞

490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

2018年09月14日 16:34 by kito-shin

 最近「不登校は不幸じゃない」というイベントやキャンペーンを耳にするようになった。学校へ行かないだけで、人生が不幸になったり、学校に行くことが幸福なことだとは思えない。むしろ不登校を経験することで、豊かな経験をする人たちも多いはずだ。

 まだ世間では、不登校をすることが不幸なことだと考えている人が多いということなのだろうか。人生にはさまざまな生き方があって、それを知ることによって、自分の生き方を見つめ直したり、何が人生を豊かにしてくれるのか、自分と向き合うチャンスになるのではないか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...