不登校新聞

490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

2018年09月14日 16:15 by kito-shin

 議員連盟から「多様な教育機会確保法(仮称)」試案が出され、年度内成立を目指すことが確認された2015年5月27日からすぎること20日。

 この法案の火つけ役になった「フリースクール全国ネットワーク」(以下フリネット)と「多様な学び保障法を実現する会」は、法律制定をめざし、議員さんを励まそう、と院内集会を開催した。6月16日に集まった人たちは、200人を越え、関心の高さを感じさせた。

 しかし、その前日、主催者側が驚くことが起きた。あるフリースクールの事務局長が議員連盟のメンバー全員に「この法案ちょっと待った」のFAXを送ったのだった。

 そのフリースクールは、フリネットの加盟団体であり、総会には欠席されていたが、総会は出席者全員の賛成で決まっていたので、異なる意見を持っていても、こういう行動に出るということは想像していなかった。「ちょっと待った」のおもな理由は「懸念が大きい」というものだが、法律づくりはこの時点で約7年議論してきており、不充分な点は立法段階で深めたいと考えた。

 また、あせってはいなかったが、子どもの成長は待ったなしであり、苦しくて命を断つ子もいるのだから、いくらでも時間をかければいいものでもない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...